ニュース

  • 2019-12-05

    スポーツレガシー事業-1

    大島めぐみさんのランニングクリニック『東京マラソン2020チャリティ完走を目指して!』 (第1回)を開催しました!

11月16日(土)に国営昭和記念公園にて、大島めぐみさんのランニングクリニック『東京マラソン2020チャリティ完走を目指して!』(第1回)を開催し、スポーツレガシー事業へご寄付いただいた方々が参加されました!


講師には、東京マラソン財団スポーツレガシー事業のチャリティアンバサダーでお馴染み、女子マラソン元日本代表、シドニー五輪5,000m代表、アテネ五輪10,000m代表の大島めぐみさんと、今回初めて参加してくださったのは、アトランタ1600mリレー五輪代表の大森盛一さん。現在は、「アスリートフォレストトラッククラブ」を主宰し、ダイヤモンドアスリート修了生のサニブラウン・アブデルハキーム選手の小学校時代の指導にもあたり、さらには東京2020パラリンピック出場を狙う全盲のパラ陸上・高田千明選手の“コーラー”(ガイド役)を務めていらっしゃいます。
そんな豪華経歴をもつお二人をお迎えしてランニングクリニックがスタート!


今回のクリニックのテーマは「東京マラソン2020チャリティ完走を目指して!」です。


大会4カ月前!おススメのトレーニングとして、ランニングフォームの基礎と動き作り&ランニングドリル題して「大人の本気ドリル!」を中心に行いました。


ドリルというと短距離のためのトレーニングというイメージがありますが、実は長距離のトレーニングにも活かせる要素が沢山あるようで、「効率の良い走りをするために筋力をつけて、技術で走る!」ことが双方に大事なことだとか。


「かかとの動き」「姿勢の正し方」「腕振りの仕方」「膝のストレッチ」等々、走るポイントを余すことなくレクチャーしていただきました!


 

 


ドリルの基礎をたっぷり学んだ後は、ポイントを意識しながらの5kmジョグ。
使用したコースは、スポーツレガシー事業の寄付金の一部で整備されたランニングコース(水のコース)になります。当日は少し汗ばむくらいの冬晴れとなり、絶好のランニング日和となりました!
イベントに参加してくださった寄付者の皆さま有難うございました!


 
 


大島めぐみさんのランニングクリニック「東京マラソン2020チャリティ完走を目指して!」は、下記日程で実施予定です。
・第2回目:2019年12月22日(日)
・第3回目:2020年1月18日(土)
・第4回目:2020年2月1日(土) 
詳細については、後日公式ウェブサイトにてご案内いたします。


※イベント当日までに寄付(1000円以上)をして、ご参加いただくことも可能です。


寄付受付窓口:https://www.runwithheart.jp/donate/create?id=24836 または
https://www.runwithheart.jp/donate/create?id=4382


 


国営昭和記念公園内コースについて


◆参加者インタビュー◆


〇高橋径子さん
ドリルの基礎を教えてもらえて良かったのと、お天気も気持ち良くジョグできました。
昭和記念公園は初めてでしたが、場所もコースもとても良かったです。


〇高橋彩子さん
今年の4月からランニングを始めて、東京マラソン2020にチャリティランナーとして走ります!
今日は、走るフォームのつくり方を教えていただいたので良かったです。後半のジョグでは、腿のあたりを意識しながら走りました。またお天気も良くて紅葉を楽しみながら走れました。