ニュース

  • 2017-07-12

    プラン・インターナショナル

    プラン・インターナショナル 3人に1人が栄養不良に・・・子どもたちの命を救いたい。

プラン・インターナショナルでは毎年、東京マラソンチャリティを通じて途上国の子どもたちが抱える問題に取り組み込んできました。



2018年は、バングラデシュのスラムに生きる子どもたち、お母さんたちの健康状態を改善する活動のため、寄付を募集しています。



バングラデシュでは、首都ダッカを中心に急激に都市化が進み、スラムが拡大。

上下水道の未整備、ゴミや汚物の放置により衛生状態は劣悪です。子どもたちや妊産婦の

多くは、必要な予防接種を受けていないため予防可能な病気に罹りやすく5歳未満児の3人に1人は栄養不良に陥っています。



今回、ダッカの南にある3つのスラムで実施する主な活動は下記のとおりです。



・簡易保健所の整備

・母乳育児や離乳食指導、妊産婦の食事指導

・予防接種、産前産後健診、カウンセリング



皆さまのご参加をお待ちしています。