チャリティニュース

  • 2016-08-16

    公益財団法人東京都農林水産振興財団

    元ラグビー日本代表の松田努さんをアンバサダーに選任

○ 松田努さんをアンバサダーに
このたび、私どもの「花粉の少ない森づくり」へのご支援とともに東京マラソン2017チャリティ事業を広く皆様に広めていただく、東京都農林水産振興財団の東京マラソン2017チャリティ「チャリティ・アンバサダー」を元ラグビー日本代表の松田努さんにお願いしました。

○ アンバサダー委嘱状交付式を開催
アンバサダー就任にあたり、平成28年8月1日に理事長より松田さんに委嘱状をお渡ししました。

○ 松田努さんのプロフィール
草加高校、関東学院大学を経て東芝府中ラグビー部(現東芝ブレイブルーパス)で活躍。ラグビー日本代表としてラグビーW杯に4回選出。ジャパンラグビー・トップリーグの最年長出場記録、最年長トライ記録を保持。日本代表キャップ数43。2013年に現役を引退。
一方で、現役時代より事業所の社員及びラグビー部員として「企業の森・東芝府中(青梅)」の森づくりに参加。現役引退後も事業所の「企業の森」の担当者として「花粉の少ない森づくり(企業の森)」事業に関与。そんな御縁から今回の東京都農林水産振興財団のチャリティ・アンバサダーへの就任をお願いしました。
現在は、松田塾(女性限定のラグビー練習会)を主催。ブレイブルーパス府中ジュニアラグビークラブのコーチ、ラグビーW杯2019アンバサダーとしても活動

 


公益財団法人東京都農林水産振興財団  http://www.tokyo-aff.or.jp/