スポーツを軸とした新しいライフスタイルを享受できる社会の実現と継承

スポーツレガシー事業-1

  • 2018-11-13

    【スポーツレガシー事業】東京マラソン財団オフィシャルイベント『東京トライアルハーフマラソン2018』に寄付者を招待&ブース出展しました!

2018年10月27日に東京マラソン財団オフィシャルイベント 東京トライアルハーフマラソン2018が開催されました。参加者が目標タイムのペースを実感できるようペースセッターを配置し、参加者の走力アップやランナー全体のレベルアップに繋がることを目的として実施された本大会。スポーツレガシー事業は、ブース出展すると同時に、抽選で9名の寄付者の方を招待しました。
「①大会の感想 ②東京マラソン2019にチャリティランナーとして出走する想い」をインタビューしました。

■ニックネームBrack Tigerさん(神奈川県在住・50代)
①「朝は雨のせいで、ドロドロでしたが、かえって来る頃には乾いていました。皆さんアットホームな感じで楽しめました。」

■ニックネームオサムちゃん(栃木県在住・50代)
①「先週に引き続きの大会参加だったので疲れましたが、来週参加するフルに向けいい調整になりました。」
②「走るという自分の喜びが、他の人へ何らかの形でつながるのは嬉しいと思います。」

■ニックネームテケテケさん(千葉県在住・50代)
①「楽しかったぞー!!チャレンジしました。」
②「想いを込めて、楽しんで走りたいです。」

当日はスポーツレガシー事業のチャリティ・アンバサダーで、音楽プロデューサーの鹿野淳さん、ものまねアスリート芸人のM高史さん、タレントの中村優さんも参加しました。スタート前にチャリティランナーと寄付先団体の皆さんで行った“Run with Heart Meeting”ではランナーに激励コメントをいただき、ステージではスポーツレガシー事業をPR、さらに沿道応援も行い、大会を盛り上げていただきました。
(鹿野さんはランナーとして当日のハーフマラソンも完走しました!)

     

またスポーツレガシーコーナーでは、チャリティに関するアンケート調査を行い、たくさんのランナーにご参加いただきました。スポーツレガシー事業(1)が行っている7つのプログラムの中で、一番関心が高かったのは「ランニングコース整備」でした!

  

今後もニュースアップなどで、スポーツレガシー事業のイベントやプログラム進捗をお知らせしていきます。ご期待ください。

・スポーツレガシー事業-1のご支援はこちら
・スポーツレガシー事業-2のご支援はこちら
・スポーツレガシー事業-3のご支援はこちら