児童養護施設や里親家庭等のもとで育った子どもへの奨学金支援

日本財団「夢の奨学金事業」

一覧へ戻る

事業について

【厳しい状況でも、夢を諦めずに前に進む若者を応援する、奨学金事業です。】
何らかの事情により親元で暮らすことができない社会的養護の子どもは、原則として18歳を迎えると、児童養護施設等、それまで暮らしていた場所から出て行くことが求められます。
こうした若者は全国で毎年1,600人ほどいて、その多くが住居費や生活費を捻出するための就労を余儀なくされています。そして、経済的な理由に加え体力的・精神的な疲労から、進学をあきらめたり、進学しても長く続かなくなったりするケースが圧倒的に多いのが現状です。
日本財団では、社会的養護のもとで暮らした若者を対象に、給付型の奨学金制度を創設しました。
学費全額に加えて、生活費や住居費も給付します。また奨学生にはソーシャルワーカーが寄り添いサポートします。

団体について

日本財団は「みんながみんなを支える社会」を目指し活動をしています。
その中でも、特別養子縁組支援や難病児支援、不登校児への教育支援など「生きにくさ」を抱える子どもたちへ、多くの支援を行っています。人を、知恵を、活動をつなぐことで「みんなが、みんなの子どもを育てる」社会をつくっていきます。

団体ニュース