骨髄バンクの普及啓発とドナー募集支援。白血病の相談や患者への経済的な支援

全国骨髄バンク推進連絡協議会

一覧へ戻る

事業について

白血病患者の命を救う骨髄バンク事業は、献血と同様の市民相互の助け合い運動です。若年層のドナー登録者が不足しているため、当協議会は骨髄バンクの普及啓発及びドナー登録推進活動を展開しつつ、先進的な取り組みとして白血病患者への助成支援事業を行っています。しかし、資金難のため助成額や助成対象者を制限している現状にあり、患者支援事業の資金として東京マラソンチャリティ寄付金を活用し拡充を図ります。寄付金事業は、①経済的に困難な患者への治療費助成、②AYA世代(小児・若年者)患者の「妊孕性温存」費用助成、③正しい医療知識・情報を伝えるハンドブック「白血病と言われたら」の改訂発行、④医療相談及び普及啓発活動です。

団体について

白血病患者の命を救う骨髄バンク事業は、献血と同様の市民相互の助け合い運動です。当協議会の主な事業活動は、①骨髄バンクの普及啓発及びドナー登録推進の支援事業。②白血病患者への支援事業(経済的に困難な患者への治療費助成とAYA世代患者の妊孕性温存助成)、③正しい医療知識・情報を伝える医療相談事業です。

団体ニュース