教育課題の解決のため、独自の選考・研修に通過した人物を教師として公立学校に配置

Teach For Japan

一覧へ戻る

事業について

Teach For Japan独自の教師採用選考・育成・支援モデルを活用しつつ、教育格差問題に熱意があり、かつ多様な経験をもつ人材を、特に厳しい状況下にいる子どもたちが多い地域の公立校へ教師として送り出します。彼らは2年間日々子どもたちと向かい合うことで、教室の中から教育課題の課題解決を図ります。

教師として選考された方には、赴任前に最大で約8か月の研修を受講してもらいます。また、Teach For Japanは赴任後の2年間、継続的にメンタリングおよびコーチングを提供し、現場の教師をサポートします。

【実施場所】東京都(事務局)、埼玉県、福岡県 
【従事者の人数】計17名

団体について

すべての子どもが素晴らしい教育を受けられる世界の実現に向け、リーダーシップと教育への情熱を持った方を2年間限定で公立学校に配置する「フェローシップ・プログラム」を運営しています。

団体ニュース

  • 2016-09-23

    「夏休み本気でチャレンジ教室」を実施しました!

    Teach For Japanは2016年8月22日~26日の5日間、東京都内の公立中学生88名を対象に、「夏休み本気でチャレンジ教室」(夏休み期間中の学習支援事業)を実施しました。 教師は、Teach For Japanが募集・選抜