災害や貧困等に苦しむ日本の子ども達へ、心のケアと様々な学びの機会を提供

カタリバ

一覧へ戻る

事業について

「東日本大震災・熊本地震で被災し、狭い仮設住宅では勉強する場所がない」「空腹で勉強に集中できない」「家計が苦しく、進学を諦めている」そんな夢を諦めかけている子どもたちへ、学びの機会と食事(一部の施設)、そして安心して過ごせる居場所を提供します。
カタリバは2001年から活動を開始。岩手県、宮城県、福島県、熊本県、島根県、東京都で9つの拠点を持ち、全国で活動を行なっています。対象数は約16,000名。
自分自身ではどうすることもできない、困難な環境に置かれている子どもたちが、安心できる場を求めて毎日やってきます。 大人へと成長する、大切な時期。一日一日の学びが、将来にとって貴重です。私たちとともに、子どもたちに寄り添ってくださる方からのご支援を、心からお待ちしております。

団体について

カタリバは2001年に設立、どんな環境に生まれ育った子どもたちも、未来をつくりだす力を育める社会を目指し、日本各地で子どもたちの心のケアと、様々な学びの機会の提供を行っています。2013年に東京都より「認定NPO法人」を取得。
※カタリバへのご寄付は、個人・法人どちらのお申込みも税制優遇の対象となります。

団体ニュース