防災および応急手当に関する知識・技術の普及による安心して暮らせる社会の実現

東京防災救急協会

一覧へ戻る

事業について

当協会ならではの以下の事業を行います。

☆年間約25万人が受講する救命講習で使用される訓練用人形やAED(自動体外式除細動器)等の購入
☆東京マラソンに参加するランナーやボランティアなどを対象に大規模救命講習会の開催
☆防火・防災・救急に関する、一般の方や会社、団体における取り組みや奏功事例、身近に役立つ知識などを掲載した情報誌の制作

団体について

今この瞬間、大きな地震に襲われたら、目の前で大切な人が倒れたら、何を考え、何ができるか。防災館における地震・消火体験や、心肺蘇生やケガに対する応急処置を学ぶことができる救命講習などを通じて、災害時に必要となる知識と技術を1人でも多くの方へ広めることで、誰もが安心して暮らせる社会の実現を目指しています。

団体ニュース

  • 2018-02-06

    東京マラソン2018チャリティに向けた普通救命講習会を実施しました!

    年明け早々の1月13日(土)、東京マラソン2018チャリティに参加するランナーやボランティア約600人を対象に「普通救命講習~身につけよう応急手当~」を東京ビッグサイトで開催いたしました。 講習会では、大会当日に突然ランナーが倒れると

  • 2016-09-12

    タクシー車内で出産!

    ☆ 講習思い出し的確な対応 ☆ 7月28日(木)京王タクシーの乗務員 山下成佳さんが、陣痛が始まったお客様(田中さん)を乗せて病院へ向かっていたときのことです。「生まれそうです」との訴えを聞き、安全な場所にタクシーを停めるとすでに赤ち

  • 2016-08-24

    いざという時のために親子で体験!!

    本所防災館では8月5日から8月7日まで、9月1日の「防災の日」を前に親子で学ぶ「夏休みこども防災体験」を開催しました。 「地震だ! まず身の安全」から始まり、火の元の確認・出口の確保等が必要なこと。また、大地震時には救助隊などがすぐには来