ニュース

  • 2019-08-15

    スポーツレガシー事業-1

    「Park Fitness × SPORTS LEGACY ~オリンピアン大島めぐみによるマラソンサブ4クリニック~」へスポーツレガシー事業寄付者も参加されしました!

2019年8月3日(土)、国営昭和記念公園(東京都立川市・昭島市)で「Park Fitness × SPORTS LEGACY ~オリンピアン大島めぐみによるマラソンサブ4クリニック~」を開催し、スポーツレガシー事業の寄付者のうち、2名がご参加されました。


このイベントは、スポーツレガシー事業に寄せられた寄付金の一部を充て整備された昭和記念公園内のウォーキング・ランニングコース(3コース)と、自動計測機器「SPOTAG(スポタグ)」(詳細はこちら)を体験するランニングプログラムで、講師には東京マラソン財団スポーツレガシー事業のチャリティアンバサダーで、シドニー・アテネオリンピック代表の大島めぐみさんをお迎えしました!


関東でも梅雨が明け、真夏日・猛暑日が続いています。そこで、大島コーチから「暑さの中で行う集中したトレーニング」として、ストレッチやドリルの他に“身体を冷やすコツ”など、夏ならではのトレーニング方法を教えていただきました。


  


 


今回のイベントで使用したコースは、1周2.5kmの「水のコース」。
この日は暑かったため、SPOTAG体験のためにコースを1周と、1.5kmのインターバルトレーニングとして2人1組のリレー形式でスピードトレーニングを行いました。
どのコースも自然豊かなコースで、公園内の池や緑を目にしながら走るのはとても気持ちがよく、秋には紅葉を楽しみながら走ることもできます♪
また「SPOTAG」を使用すれば、公園内に設置された自動計測機で距離やタイム、ペースはもちろん消費カロリーなどを計測・記録することができますので、日頃のトレーニングに最適です!
お近くにいらした際は、ぜひ昭和記念公園のウォーキング・ランニングコースをご利用ください!


国営昭和記念公園ウォーキング・ランニングコースについてはこちら▽
http://www.showakinen-koen.jp/information/walking-running-course-2/


SPOTAG(スポタグ)についてはこちら▽
https://spotag.com/


 


  


 


■寄付者インタビュー


山本 智子さん



Q.整備された昭和記念公園のコースを走ってみて、いかがでしたか?
A.広々としていて、緑いっぱいで自然が多くてよかったです。近所だったら頻繁に走りたいコースです。なだらかで、考えられたコースだと感じました。また、(サブ4という)同じ目標を持った仲間と頑張れたので、良いイベントでした。


Q.東京マラソンチャリティに参加する想いを教えて下さい。
A.ただ走るだけではなく、他の誰かのためになっているかもしれないので、頑張れます。
 「FOR YOU」精神に繋がるのが嬉しいです。未来のアスリートのために、スポーツレガシー事業を応援しています。


 


田中 一哉さん


Q.整備された昭和記念公園のコースを走ってみて、いかがでしたか?
A.昭和記念公園のランニングコースは初めてでしたが、とても走りやすかったです。春とか秋の走りやすい時期にも来たいです。


Q.東京マラソンチャリティに参加する想いを教えて下さい。
A.大会当日は走ることに必死ですが、寄付ということで気持ちよく走ることができ、とても意義があると感じています。スポーツレガシー事業は寄付金が未来のアスリートやランニングコースの整備に充てられているなど、どのように使われているかがわかりやすかったので寄付先に選びました。今後も寄付金を有効に活用して欲しいと思います。


 



 


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
引き続きスポーツレガシー事業へのご支援、応援をよろしくお願いいたします。


イベント概要はこちら▽
https://onetokyo.org/static/index/pageid/event190803