ニュース

  • 2017-06-16

    スポーツレガシー事業-1

    『第28回日本パラ陸上競技選手権大会』観戦会を実施!

2017年6月11日(日)駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で開催された『第28回日本パラ陸上競技選手権大会』にて、観戦会を実施しました。

ご招待したのは、スポーツレガシー寄付者とVOLUNTAINER(ボランテイナー)の皆様です。

スポーツレガシー事業の支援先であり、この大会を主催する日本パラ陸上競技連盟のご協力により実施しました。

招待者向けの特別プログラムとして、競技の内容やルール・クラス分けなど、日本パラ陸上競技連盟 理事・強化委員会副委員長 指宿(いぶすき)様による「競技解説」が行われました。

「今、スタートセットの際、選手の身体が動いたので審判が指導しています。不正と見なされた場合、失格となります。」など、初めて障害者スポーツを観戦する方へも分かりやすく、競技の内容ごとにご説明いただきました。

招待者は、大会プログラムと共に「パラ陸上競技公式ガイド」を読みながら熱心に聞き入っていました。



 



「普段ランニングをする事が多いのですが、今回この機会に、初めて障害者スポーツを観戦しました。障害の程度に応じてクラス分けされている事や今回の観戦の様子を色々な方へ広めて、障害者スポーツを盛り上げていければと思います。」

スポーツレガシー事業寄付者の杉原さんが、観戦会の感想を話してくださいました。




 



東京マラソン車いすレースディレクターの副島正純さんをはじめ、後日開催予定の世界大会へ出場が決まっているトップ選手も多数出場され、観覧席からは、競技ごとに熱い声援が贈られました。

障害者スポーツを観戦してみたい、障害者スポーツに興味がある、応援する人、競技に参加する人、みんなでパラ陸上に参加して盛り上げていきましょう。



■スポーツレガシー事業は「第28回日本パラ陸上競技選手権大会」を支援しています。

第28回日本パラ陸上競技選手権大会:https://jaafd.org/events/01-1/20170413_ipc